So-net無料ブログ作成
検索選択

社)UKC JAPAN アニマルレスキューさんから転載 [雑感]

緊急のお知らせです!!




政府より↓↓↓



「政府は20日、避難指示が出ている福島第1原発から半径20キロ圏


内について、22日午前0時に一帯への立ち入りを禁じる「警戒区域」


に指定する方針を決め、南相馬市、双葉町など関係市町村に連絡を


始めた。菅直人首相は21日福島県入りし、こうした方針を住民らに


明する。政府筋が明らかにした。」と発表がありました。



人命・人体への影響を優先にとの決断はわかりますが、
まだ、数百頭残されている、動物たちを救うことが、
出来なくなります。



この区域に入るということは、法的処置をとられることと
なり、
現在、この区域に残された動物たちの飼い主さんからの
不安、焦り、悲しみの電話が、殺到しております。



他団体様も同じ想いでおられると思いますが、


現在こちらとして出来ることは、


下記の「首相官邸」HPにて、



●「動物たち(家畜も可能であれば)の命を救うことにおいて、

社)UKC JAPAN に一任して欲しい」


●「せめてフードだけでもとどけさせて欲しい」



こういった旨を、

ご支援くださるすべての方より、
意見欄に、投稿をお願いいたします。


首相官邸ホームページ


↓  ↓  ↓
http://www.kantei.go.jp/



ご意見欄というのが、ありますので、
どうか、そちらのほうへ、投稿よろしくお願い致します。


今回の警戒区域などの決定権は「原子力保安院」にあります。
首相へのメールの呼びかけと共に
「原子力保安院」へのメールの呼びかけの掲載お願いします。

原子力安全・保安院へのメールはこちらから

  ↓  ↓   ↓
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html

です。

なお、


UKC JAPAN への連絡は、


本来の依頼主さまからの電話がつながりにくくなっておりますので、


お控えいただくこと、ご了承ください。




※転載可能な方、時間がありませんので、
 出来る限り、転載いただけたら幸いです。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。


 

ここからは被災地動物情報のブログさんからの転載です。

 

緊急災害時動物救援本部では2億4千万円もの寄付金が集まっていますが、

被災地での、特に原発避難区域での保護活動には一切関与されていません。

※犬猫救済の輪さんによる本部への質問書

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-2061.html


 

政府の支援がないと救える動物の数にも限界があります。

以下の関連記事にも目を通して頂き、

ご理解いただけましたら動物のために声をあげて頂ければと思います。



 

※政府による動物支援を求める要請書&署名一覧

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10862619729.html


 

※外国から出来る動物支援案

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10863874731.html




 

今回、UKC JAPANさんの記事を転載しましたが、

どの団体でもなんでもいいです。

今生きてる命が救われるなら…。

私も小さな力のひとつにならなくては。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 2

のらん

首相官邸に、意見を書いてきました。
どんな「いのち」も大切にする日本になってほしい。。。
by のらん (2011-04-22 20:14) 

YellowDog

私も首相官邸に意見を書いてきました。
すこしでも、多くの命が救われますように...

by YellowDog (2011-04-24 23:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。